貸すことで家賃収入を|確実に投資マンションで利益を得るテクニック

確実に投資マンションで利益を得るテクニック

メンズ

貸すことで家賃収入を

女性

リロケーションという言葉が不動産業界だけでなく一般においても広まっています。これはリロケーションというものが給与以外の収入を得る方法として注目を集めているからです。実際のところリロケーションとは何かというと、一定期間のみ家を貸す方法のことです。たとえば、会社から海外に転勤することを命じられたときに、海外に滞在している間、家は空っぽの状態です。その期間中のみ家を他人に貸し出して家賃を取って、貸し出し期間が終了した後は元通り自分が住むことになります。留守になった家は通常でれば誰も使わないですが、それを人に貸して家賃収入を得ることができれば非常に大きなメリットです。しかも、給与とは別にもらえるのですから尚更です。

リロケーションを単純に家を貸すことと同義だと誤解されている人が多いので、ここではその区別をはっきりとしたいと思います。普通の賃貸とは異なってリロケーションは契約期間が終了すれば賃借人は必ず退去しなければいけません。つまり、確実に自分の手元に戻ってくるのです。普通の賃貸であれば賃借人が契約延長を望めば退去させることはできないのです。実際に法律では1年から半年前から解約を貸主から行って、なおかつ正当な事由がない限り、退去させることは認められていません。リロケーションは契約年数があらかじめ契約に記載されていて、契約更新がないことが前提になっています。たとえ賃借人が契約延長を申請してきても断ることができます。これが大きな違いです。